プロフィール

又吉正之

Author:又吉正之
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/31 (Wed) 11:39
ユーロ/ドル一進一退の後は?

ユーロ/ドルは26日に発表された(米)12月耐久財受注・除く輸送機器(予想+0.5% 結果+2.3%)、12月新築住宅販売件数(予想105万件 結果112万件)等が市場予想を上回った事でドルが好感を受け、ユーロ/ドルは下落し、以前の「ユーロ/ドル1.2960ドルの分岐点」でもお伝えした様にユーロ/ドルは1.29ドルを割り込み、1.2866ドルを試す展開となった。

しかし2007年安値となる1.2866ドル付近ではユーロの底堅さが見られ、徐々にではあるが上昇に転じ、29日には1.2966ドルまで値を戻した。だが1.3045ドル~1.2866ドルでのレンジ内相場の中で上昇、下落の分岐点となっている1.2960ドル、ここを本格的に突破しない限りユーロ/ドルは、1.29ドルや1.2866ドルを試す展開が続くと考えられる。本日は東京為替市場から1.2960ドル付近で一進一退の攻防が続いており、現在も1.2961ドル付近を推移している。

31日は米国重要経済指標が22:15から連なっており、第4半期GDPや12月建設支出等、更にはFOMC政策金利発表とイベントが目白押しとなっている。現在は1.2960ドル付近で上げ渋った展開が続くユーロ/ドルだが、本日の発表によっては、レンジ内相場の上値1.3045ドル、下値1.2866ドルどちらかをブレイクする可能性を十分に秘めており、本日の米指標結果によって今後の方向性が見えてくると思われる。
スポンサーサイト

2006/12/22 (Fri) 19:26
ドル/円の方向性は?



ドル/円は20日とうとう重く圧し掛かっていた180円30銭を突破した。今週に入りドル/円は上が180円30銭、下が117円69銭というレンジ内での取引となっており、抜け出した先に大きなトレンドが出来ると予測していたが、180円50銭付近までの小幅上昇で勢いを無くしてしまい、またもや方向感に欠ける展開が続いている。

 先月からの欧州通貨勢の上昇によってドル、円は弱含んで推移している展開が続き、両通貨共に経済基本面に対する不安感からか、好材料があってもなかなか上昇出来ずにいた。今回の上昇ではタイミングが悪く海外勢がクリスマス休暇に入った中での上昇となった為に、変動幅は新たなトレンドを生み出すまでにはいかなかった。本日22:30から(米)経済指標が立て続けに発表されるが、海外勢がクリスマス休暇の中にあるものと思われドル/円の方向性を決定するのは来週中盤、もしくは年明けになるだろう。

2006/12/20 (Wed) 17:33
円の反発は来年へ持ち越し

12月19日、日銀金融政策決定会合の場で、政策金利を現状の0.25%に据え置く事を全会一致で決定した。先月から今月にかけて欧州通貨が上昇し、ドルが下落するという流れができ、為替相場ではかなりの変動が起こった。そんな中、円は相場の流れに乗る事が出来ずに一歩出遅れた形となった。自国の指標等には反応を示さず他通貨が上昇すれば円が下落、他通貨が下落すれば円は上昇といった形でしか変動幅を作り出せない状況である。そして本日政策金利据え置きを受けても、為替市場への影響は無いに等しく落ち着いている。

他国との金利差は勿論、経済面の不透明さが円の上昇に結びつかない最大の原因と我々は考えている。それらを踏まえるとやはり、円の反発は来年に持ち越しという道筋が出来上がる。

2006/12/12 (Tue) 12:22
金曜日!

7日の為替市場にECB政策金利発表・ECBトリシェ総裁発言等の大きな発表があったが為替市場には大きな変動は無かった。8日も方向感に欠ける展開が続いていたが、日本時間14:30頃から徐々にドル/円が上昇し、(米)雇用統計発表まえには115円60銭付近までじわじわと値を上げていた。予想を上回る11月雇用統計を受けると115円88銭まで高値を伸ばした。115円84銭付近のレジスタンスを超えたものの、上値が重く今度は114円89銭付近まで下落した。ここで終~了~!と思いきや、東京時間深夜1時になるとドルが急遽反発し、116円台まで一気に跳ね上がり、116円35銭付近で金曜日を終えた。このドル急騰する背景として為替市場では、(米)ポールソン財務長官のドルを後押しする発言等が挙げられている。確かにドル上昇の要因には違いないが、更に大きな理由としてはやはり、ユーロ・ポンドが11月後半からの急展開のせいで為替市場が不均衡なバランスとなり、その修正、調整局面に差し掛かり変動となっているのではないかと考える。

2006/11/29 (Wed) 20:58

この為替に関するブログももう3日目となりました。さてさて今日も勉強の復習をしますかな・・・。

2wayプライス(ドルに対して)
外国為替では通貨を買う(売る)時に値段などを表示している
   115.00-117.00
ものを2wayプライスといいます。これはニュース等でもよく見る(聞くかな?)「115.00から117.00の間で取引されています」という事と同じ意味です。見て分かるとおりその間で取引されてるんだねッ!
ちが~うッ!これは昨日までの自分の考えです。実際は、
115.00(その通貨を売る値段)-117.00(その通貨を買う値段)
という見方をします。そして売る値段の事をアスク(Ask)・買う値段の事を(Bid)といいます。という事は今現在上記のような表示をしていたら、117.00円でドルが買う事ができ115.00円で売る事ができるという事になります。

てことは買った時点でもうマイナスなんですね。とほほ・・・

さて今日はちょこっと経済指標という物も拝見しましたが、いってる意味は分かるんですが「う~ん。なんかしっくりこないな~」という感じですね。
例)(英)10月消費者信用残高11億ポンドとなり、予想の10億ポンドを上回る結果となった。 (為替ナビという情報サイトに載ってました。)
はい、イギリスの信用残高というものが上がったんですね、いいじゃないですか・・・何故為替相場が変動するの?と聞きたいですね。まあその国の国民の方がいっぱい消費してくれたって事は景気がいいって事なんでしょうね。別にこの指標に限った事ではないんですけど・・・誰か~教えてください!という感じで今日はこれまで。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。