プロフィール

又吉正之

Author:又吉正之
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/12/28 (Thu) 14:15
(米)11月新築住宅販売件数で認識した事

 ユーロ/ドルは12月3日に今年高値となる1.3366ドルをつけた後は、ユーロ買われすぎによる調整や、米国の好指標が続き28日13:30現在1.3118ドル付近まで下落している。現在為替市場ではドルが底堅く推移しており、先月から続いた欧州通貨の急騰にストップを掛けた。それではドルはこの流れで来年も強含んで推移する事が出来るだろうか?

 27日24:00に(米)11月新築住宅販売件数が発表され(予想 101.5万件 結果 104.7万件)と市場予想を大幅に上回る結果となり、ドルの更なる上昇が期待されたがユーロ/ドルの変動幅は、50ポイントの下落程度と大きな変動には繋がらなかった。年末という事もあり指標の結果だけで素直に相場が動く訳は無いのだが、米国の不安要素の一つでもある住宅問題に直結する経済指標なのでもう少し素直に反応しても・・と思う方も多いかもしれないが、これは来年の為の調整を各投資家、海外ファンドは既に行っており、結果ドル買いに繋がらなかった可能性が高い。指標が回復の兆しを見せたとしても、まだ為替市場では米国の経済基本面が良好という認識が出来ずに「来年も不安要素を吐き出すのでは」という思いからか、結果的に欧州通貨に人気が偏ってしまうのが現状である。恐らく来年も11月後半の欧州通貨高の余韻を残しつつ欧州通貨高、ドル・円安という構図になるのではないだろうか。
スポンサーサイト

2006/12/28 (Thu) 12:11
ユーロ/円史上最高値で年を越す可能性

為替市場ではクリスマス休暇も終わり、次は来年に向けての調整が始まるので、本日から29日までは大きな変動も期待できるだろう。ユーロ/円はクリスマス休暇に入る前の水準、155円後半台をいまだにキープし続けており155円75銭、155円55銭付近が今後もサポートすると思われる。この堅調さを見るともう一度位は年内に、史上最高値でもある156円39銭の突破を試みるとも考えられる。そのポイントは今年の取引最終日でもある29日、16:00の(独)1月GFK消費者信頼感指数を皮切りに、19:30まで欧州経済指標がずらりと並んでおり、29日の指標結果次第でユーロ/円は史上最高値を更新し、年を越す可能性も考えられる。一方指標結果が悪くても市場予想を大きく下回らない限り155円75銭、155円55銭付近のサポートラインで踏み止まる可能性が高い。

2006/12/22 (Fri) 19:26
ドル/円の方向性は?



ドル/円は20日とうとう重く圧し掛かっていた180円30銭を突破した。今週に入りドル/円は上が180円30銭、下が117円69銭というレンジ内での取引となっており、抜け出した先に大きなトレンドが出来ると予測していたが、180円50銭付近までの小幅上昇で勢いを無くしてしまい、またもや方向感に欠ける展開が続いている。

 先月からの欧州通貨勢の上昇によってドル、円は弱含んで推移している展開が続き、両通貨共に経済基本面に対する不安感からか、好材料があってもなかなか上昇出来ずにいた。今回の上昇ではタイミングが悪く海外勢がクリスマス休暇に入った中での上昇となった為に、変動幅は新たなトレンドを生み出すまでにはいかなかった。本日22:30から(米)経済指標が立て続けに発表されるが、海外勢がクリスマス休暇の中にあるものと思われドル/円の方向性を決定するのは来週中盤、もしくは年明けになるだろう。

2006/12/21 (Thu) 19:37
ユーロ/円の調整?


 落ち着きを取り戻していた欧州通貨が、19日またもや為替市場全体で急騰した。ユーロ/円は14日に史上最高値155円57銭を付けた後は、徐々に水準を落としていたが、19日に福井総裁のハト派的な発言を受け円は軟調し、その後の(独)IFO業況指数が発表されると調整に入っていたユーロ/円だったが、一気に反発し19、20日と連日史上最高値を更新するという暴れっぷりを見せた。

 先月終盤から大きく分けて3回(1回目は150円台から154円台、2回目は152円台から155円台、今回154円台から156円台)大きな上昇があるが、徐々にその上昇幅は縮小してきている。これまで好材料に支えられ強含んで推移してきたユーロだが、やはり本格的な調整も無いまま上昇してきた事で、ユーロの力も大分落ちてきていると思われる。

 本日(英)第3四半期経常収支(予想 -78億ポンド 結果 -94億ポンド)が発表され、ポンドが下落するとユーロ/円も影響を受け、21日19:30現在155円70銭の水準まで下落している。だが今回も大きな調整にはならないと考える。ユーロが弱含んで推移しても154円77銭付近、154円33銭付近でサポートされると考えており、154円台を割る事は考えにくい。

2006/12/20 (Wed) 17:33
円の反発は来年へ持ち越し

12月19日、日銀金融政策決定会合の場で、政策金利を現状の0.25%に据え置く事を全会一致で決定した。先月から今月にかけて欧州通貨が上昇し、ドルが下落するという流れができ、為替相場ではかなりの変動が起こった。そんな中、円は相場の流れに乗る事が出来ずに一歩出遅れた形となった。自国の指標等には反応を示さず他通貨が上昇すれば円が下落、他通貨が下落すれば円は上昇といった形でしか変動幅を作り出せない状況である。そして本日政策金利据え置きを受けても、為替市場への影響は無いに等しく落ち着いている。

他国との金利差は勿論、経済面の不透明さが円の上昇に結びつかない最大の原因と我々は考えている。それらを踏まえるとやはり、円の反発は来年に持ち越しという道筋が出来上がる。

2006/12/14 (Thu) 14:45
FOMC声明文発表後の欧州通貨

日本時間13日4:15にFOMC政策金利発表が行われ、市場の予想通り5.25%の現状維持という発表だった。だがその後のFOMC声明発表で「インフレは健在」「経済成長は減速」等の保守的発言によりドル売りが先行した。先週からユーロ、ポンドの買われすぎを為替市場全体が警戒し、徐々に下落しながら調整に入り、ドル安も徐々にではあるが値を戻すと思われたがこの発表で、また欧州通貨を高い水準へと押し上げてしまった。

だが今回の発表で、ユーロ・ポンドが上昇傾向を維持するとは考えにくい。確かにFOMCの声明はドルを後押しする要因はなかったが、前回の声明と大した変わりはなく、前回より悪化したとは言えない内容である。為替市場もそれを汲み取ってなのか、今回の発表でユーロ/ドル、ポンド/ドルは上昇したものの8日のような大きな変動は起こらずその後も、小幅上昇・小幅下落を続けている状態である。やはりこれ以上のユーロ高、ポンド高は為替市場全体が警戒しているものと思われ、今週末から来週初めには欧州通貨の調整が起こりユーロ、ポンド両通貨は多少の下落を強いられる事になるであろう。

本日の為替市場では、相変わらず欧州通貨が堅調に上昇しており、対円に関してはユーロ、ポンド共に上値を連日更新しております。この11月後半から続いている急騰はいつ終焉を迎えるのか、それともこのまま高水準を保ちながら2006年を終えるのか、に関心が集まってくると思います。

2006/12/12 (Tue) 12:22
金曜日!

7日の為替市場にECB政策金利発表・ECBトリシェ総裁発言等の大きな発表があったが為替市場には大きな変動は無かった。8日も方向感に欠ける展開が続いていたが、日本時間14:30頃から徐々にドル/円が上昇し、(米)雇用統計発表まえには115円60銭付近までじわじわと値を上げていた。予想を上回る11月雇用統計を受けると115円88銭まで高値を伸ばした。115円84銭付近のレジスタンスを超えたものの、上値が重く今度は114円89銭付近まで下落した。ここで終~了~!と思いきや、東京時間深夜1時になるとドルが急遽反発し、116円台まで一気に跳ね上がり、116円35銭付近で金曜日を終えた。このドル急騰する背景として為替市場では、(米)ポールソン財務長官のドルを後押しする発言等が挙げられている。確かにドル上昇の要因には違いないが、更に大きな理由としてはやはり、ユーロ・ポンドが11月後半からの急展開のせいで為替市場が不均衡なバランスとなり、その修正、調整局面に差し掛かり変動となっているのではないかと考える。

2006/12/07 (Thu) 22:32

 為替市場は日本時間21:00に控えている、BOE政策金利発表・9:45に控えているECB政策金利発表を前に、為替市場はやや動向が薄くなっている。さて昨日に引き続き本日も円が上昇するという動きが見られた。日本時間10:00頃に突如として円買いが広がり、ドル/円・ユーロ/円・ポンド/円等が揃って安値を更新した。円買いが一段落すると市場は閑散とした状態である。

 これはやはり、最近右肩上がりだったユーロ・ポンドが調整局面に入り、円買いが強まった事が大きな原因となっているだろう。さらにここ最近の経済指標の結果の悪化も、要因の一つであろう。そして本日BOE政策金利・ECB政策金利が発表される。BOEは現状の5.00%維持、ECBは0.25%引き上げ3.50%の引き上げを予定している。市場では既に織込み済みなので、関心はその後のトリシェ総裁の発言に集まっている。現在調整局面を迎えているユーロだが、ここでトリシェ総裁がユーロ高を牽制する発言をすると、現在のユーロの傾向では大幅な下落が予想される。

2006/12/07 (Thu) 17:06

 5日、円が反発し荒れた為替市場だったが、6日朝の東京時間は方向感に欠ける展開となった。だが14:00に控えていた(日)景気動向指数が発表される直前から、円買いが進み主要通貨に対し、本日も上昇傾向にある事を示した。指標は予想通りの結果だったが、ユーロ・ポンドは下げ幅を拡大し安値を更新する事となった。円が上昇傾向にある中で(英)経済指標が発表され10月製造業生産高に関しては、前月比-0.4%という、2005年10月以来となる最大下げ幅となった事も要因となり、ユーロ・ポンドは更に下値を広げる事となった。この二日でユーロ・ポンドは値を下げたが、いまだに高水準である事には変わりない。なんとなく無造作に高値を拡大していたユーロ、ポンドは調整局面に突入したのでは・・・と思う。がどうでしょうか?

2006/12/06 (Wed) 13:03
12/5のポンド/円にたいして・・・

 12/5は午後過ぎ位まで、あんまり値動きの無かった為替市場ですが、突如として円が反発し、主要通貨に対して円が上昇する動きが見られた。なかでもポンド円は2円近くも下落するという荒々しい値動きとなりました。。日本時間18:30に(英)11月非製造業PMIが発表され、予想を上回る58.8という結果を受けても、ポンドに影響は無いに等しい様子だった。理由としては12/4に超えようとしていた229円3銭、ここが余りにも大きいレジスタンスとなり、ここを超えるには、ユーロに吊られての上昇・プラスさらにポンドを後押しする要因が必要だったと思う。現在は昨日と一変し小幅な値動きとなっているが、18:30に(英)鉱工業生産・製造業生産高も控えているので、その結果を受け今後の道筋が決まってくるのでは・・・と思いますけど皆さんはどうですか?

2006/12/05 (Tue) 12:17
今後のドル円の展望?

前回ドル/円について書いたのですがちょっと専門家のような感じがし、気持ちが良かったので今回も調子にのって今後、もしくはこれからについて書いてみたいと思います。

先々週ドルが下落し他の通貨ユーロ・ポンドなどが大幅に上昇しました。その流れは今週に入っても止まらず、ユーロ/ドルは1.33ドル付近での攻防、ポンド/円に至っても228円53銭付近での取引となっております。さてこのままドルは下落の道をたどるのか?はたまた今週発表される11月雇用統計/失業率などの重要な指標によってドル高となっていくのか?今週もドルからは目が離せなくなる様子です。(どの通貨もそうなんですが・・・)
さて本日ドル/円は一時115円83銭まで上昇するものの、115円84銭付近に存在するレジスタンスに上値を抑えられじりじりと下落し、4日23:00現在115円61銭付近での取引となっています。11月雇用統計/失業率などの指標によって次のターゲットである115円84銭これを超えることが出来るか?そこに注目してみたいと思います。

2006/12/01 (Fri) 20:36
本日は自分なりの予想を書いてみようと思う。

さてこれまで為替に関する初歩的なことを勉強してきましたが、皆さんどうですか?分かりづらい部分などはありませんか?自分もまだまだ初心者ですので分からない事等ありましたら、どしどしお返事下さい。今日はドル円について今後?の展開を書いてみたいと思います。題は・・・今後のドル円ってとこ
先週ドルが下落した。他の通貨はドルが下落する一方で、上昇を続ける事態が起こった。そして、その勢いは今週に入っても止まらず、ポンドは98年10月以来の高値を更新し、ユーロに関しては史上最高値を付けた。円もそれに乗るような形で2円ほど上昇したが、先週の水曜日からは徐々に下落してきている。現在ドル円は115.95-115.99台で取引が行われているが、ユーロ円が高値を維持し円の買い戻しが本格化していないだけでECB関係者などからユーロ円に対する発言などがあればユーロ円が先導となり、ドル円が115円台を割る事も十分に考えられる。
来週には、本邦第3四半期GDP・2次速報や、米国11月雇用統計など為替市場を賑わす指標も用意されているので注目せぜるおえないだろう。ただ現在の米国指標は悪い結果にのみ反応するような流れになっている感があるので今現在のドル買いには今まで以上に慎重に、冷静に取引を行う事が必要不可欠となってくるであろう。

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。