プロフィール

又吉正之

Author:又吉正之
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/31 (Wed) 12:59
「G-7での円安牽制」による円安の危機

NZドル/円は30日ロンドン為替市場までは、上値85円11銭~下値84円44銭でのレンジ内相場となっていたが、ニューヨーク為替市場にはいり急落し84円台を割り一時は83円51銭まで下落した。下落の要因はニューヨーク時間にシュタインブリック独財務相が「2月9日~10日に開催されるG-7(財務省・中央銀行総裁会議)でユーロ/円相場を協議する」と発言した事によって、為替市場では円全面高となりその影響を受け今回の急落に繋がった。本日6:45に発表された(NZ)12月貿易収支(予想-4.15億NZドル 結果-4.33億NZドル)も市場予想を下回り、現在30日安値圏で下げ渋った展開を見せている。

ここ最近の「G-7での円安牽制発言」によってドル/円、クロス/円共に振り回される展開が続いており、為替市場では着実にG-7への注目度は高まってきている。現在の状況を見るとG-7での内容が為替市場に伝わるまで、一方的な円売りになる可能性は極めて低いと考えられる。だがG-7の中で実際に円安を牽制する発言等が飛び出しても、日銀の追加利上げを促す要因にはならず、中・長期的な円の上昇には繋がらないだろう。逆にG-7の中で円についての発言が無ければ、膨れ上がった期待感は一気に失望感へと変わり円の暴落へ
スポンサーサイト

<< ユーロ/ドル1.3050ドル~70ドルの壁 | ホーム | ユーロ/ドル一進一退の後は? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。