プロフィール

又吉正之

Author:又吉正之
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/02/01 (Thu) 19:57
ユーロ/ドル1.3050ドル~70ドルの壁

ユーロ/ドルは31日のニューヨーク為替市場までは小幅な値動きが続いていたが、日本時間24:00に発表された米国指標が市場予想を下回った事から、ドルが為替市場全体で弱含みとなり、ユーロ/ドルは昨日安値1.2926ドルから、昨日高値1.3037ドルまで上値を広げる展開となった。だが依然として1.29ドルから1.3050ドルでのレンジ内相場は継続している。

ユーロ/ドル日足チャート上、MACDが低い位置でのゴールデンクロスが形成しており、更には5日移動平均線が、20日移動平均線・90日移動平均線を下から突き上げており、こちらもゴールデンクロスを形成している。パラボリック、ストキャスティックも依然として買いサインを示している事から、レンジの上限1.3050ドルを試しに行く事が分かる。

だがレンジの上限1.3050~70ドル付近では、一目均衡表雲の下限が上値を抑えており、ボリンジャーバンドでは移動平均+2a値が既にローソクにぶつかっている事から、レジスタンスが密集しているポイントと分かる、したがって容易に突破する事はないだろう。しかし抵抗帯を突破した場合は、ストップロスを巻き込む形で1.3150ドル付近まで上昇する可能性が非常に高い。
スポンサーサイト

<< ユーロ/円レンジ内相場に終止符? | ホーム | 「G-7での円安牽制」による円安の危機 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。