プロフィール

又吉正之

Author:又吉正之
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/29 (Wed) 20:58

この為替に関するブログももう3日目となりました。さてさて今日も勉強の復習をしますかな・・・。

2wayプライス(ドルに対して)
外国為替では通貨を買う(売る)時に値段などを表示している
   115.00-117.00
ものを2wayプライスといいます。これはニュース等でもよく見る(聞くかな?)「115.00から117.00の間で取引されています」という事と同じ意味です。見て分かるとおりその間で取引されてるんだねッ!
ちが~うッ!これは昨日までの自分の考えです。実際は、
115.00(その通貨を売る値段)-117.00(その通貨を買う値段)
という見方をします。そして売る値段の事をアスク(Ask)・買う値段の事を(Bid)といいます。という事は今現在上記のような表示をしていたら、117.00円でドルが買う事ができ115.00円で売る事ができるという事になります。

てことは買った時点でもうマイナスなんですね。とほほ・・・

さて今日はちょこっと経済指標という物も拝見しましたが、いってる意味は分かるんですが「う~ん。なんかしっくりこないな~」という感じですね。
例)(英)10月消費者信用残高11億ポンドとなり、予想の10億ポンドを上回る結果となった。 (為替ナビという情報サイトに載ってました。)
はい、イギリスの信用残高というものが上がったんですね、いいじゃないですか・・・何故為替相場が変動するの?と聞きたいですね。まあその国の国民の方がいっぱい消費してくれたって事は景気がいいって事なんでしょうね。別にこの指標に限った事ではないんですけど・・・誰か~教えてください!という感じで今日はこれまで。

スポンサーサイト

<< スプレッドとは?(勘違いしていました) | ホーム | スプレッド?スワップポイント?為替・・・ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。