プロフィール

又吉正之

Author:又吉正之
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/07 (Wed) 18:36
ポンド/ドル一旦上昇も下落圧力強し

ポンド/ドルは、円キャリートレード解消売りに伴うポンド/円の下落の影響を受け、先月28日から弱含む展開を強いられていた。だが為替市場では昨日から、円キャリートレード解消売りも一服感が強まり、ドル/円・クロス円共に下落幅を戻す動きを見せ始め、ポンド/ドルも2007年安値1.9183ドルのポイントから、本日1.9357ドルまで値を戻した。しかし円キャリートレード解消売りのきっかけとなった、世界同時株安の影響は依然残っており、本日も日経平均株価が前日比マイナス圏となると、再び円全面高が為替市場に広がった。

ポンド/ドルは、5日に2007年安値となる1.9183ドルを付け、その後1.9282ドルまで戻すものの再び軟化し1.9185ドルを付けダブルボトムを形成した。そして昨日の東京為替市場中盤からネックラインとなる1.9282ドル付近で小幅な変動を繰り返した結果、ポンド/円の急騰につられ、本日一気に(ネックライン-ダブルボトム安値)+ネックライン=1.9381ドル付近にまで達した。しかし同水準に上値を抑えられ、一時は1.9259ドルまで下値を広げた。

ポンド/ドルは日足チャートでは、依然として短期移動平均線が中・長期移動平均線を下抜けデットクロスを形成し、ディレクショナル・ムーブメントでも-DIの数値が+DIの数値を上回っており、相場の勢いを現すADXでは最高値50に近い42を示している事等から、依然として下落圧力が優勢と考えられる。ポンド/円の日足チャートでも移動平均・一目均衡表・パラボリック等総じて弱気サインを示している為、ポンド/ドルは弱含んだ推移が考えられ、ダブルボトムを形成した1.9183ドル付近を目指す事が予想される。しかしポンド/ドル日足チャート・ストキャスティクスでは、売られすぎラインとなる15を下回る13でクロスし、またボリンジャーバンドでは移動平均-2a値にぶつかっている事から、売られすぎ過熱感も否めない為、ポンド/ドルはダブルボトム形成ポイントの1.9183ドル付近では、反発する事も考えられる。
スポンサーサイト

<< NZドル/円引き続き米国の動き(ドル/円の動き)には注視 | ホーム | ポンド/ドル・ポンド/円一心同体 >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


リオパラダイス 完全攻略を試して見ました。

全部無料で公開中!リオパラダイスを実践しました。


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。