プロフィール

又吉正之

Author:又吉正之
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/03 (Tue) 12:41
ポンド/ドル 1.9750ドル突破後には15年来の高値

30日、21:30から23:00まで米国経済指標が立て続けに発表され(米)2月個人消費者支出価格(予想+0.2% 結果+0.3%)や、(米)シカゴ購買部協会景気指数(予想49.5 結果と61.7)等、おおむね市場予想を上回る結果を受け、ポンド/ドルは1.9657ドル付近から、一気に1.9545ドルまで下落した。しかしその後の(米)商務省「中国製一部輸入品に関税を課す方針」との発表を受けると為替市場はドル全面安となり、ポンド/ドルは先ほどの下落幅を取り戻し、更には1.9716ドルにまで上値を伸ばす展開を見せた。ポンド/ドルは本日、一旦は1.9662ドル付近まで値を押し戻されたが、ポンド/円の堅調ぶりに伴い、現在1.9730ドル付近で推移している。

ポンド/ドルの上値となっている1.9750ドル付近も、1月25日から中期的なレジスタンスラインとして、これまでポンド/ドルの上昇を拒んできた。1月25日以来計8回も機能しており、ポンド/ドルが1.9750ドルに近づくにつれ伸び悩み、そして反落としっかりと役割を果たしている。ポンド/ドル日足一目均衡表・転換線は水準を上げ、遅行線は雲を上抜け上昇圧力の強さを示している。またポンド/ドルは3月21日以降、下値1.9550ドル~上値1.9750ドルでのレンジ内相場が続いており、今回の上昇で1.9750ドルへのトライは3月21日以降だけで4回目となる為、これも上昇圧力を示す要因と言えるだろう。

ポンド/ドルが現在の上値1.9750ドルを明確に突破した場合は1.9840ドル付近、更には2007年高値1.9916ドルへのトライも考えられる。だが1.9916ドルは1992年9月以来の高値となっている為、1回、2回のトライで突破する事は不可能に近いだろう。したがって現在の上値1.9750ドルを突破して1.99ドル台へ突入しても、ほぼ100%値を戻される展開が待ち受けているだろう。
スポンサーサイト

<< ポンド/円 買い要因、売り要因共に均衡 | ホーム | NZドル/円引き続き米国の動き(ドル/円の動き)には注視 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


為替

為替為替(かわせ)とは、手形や小切手、郵便為替、銀行振込などによって金銭を決済する方法である。遠隔地への送金手段として、現金を直接送付する場合のリスクを避けるために用いられる。特に輸出入をする際に用いられている。主に次の2種類に分けられ


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。