プロフィール

又吉正之

Author:又吉正之
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/13 (Fri) 19:44
NZドル/円 G-7を控えての円売りポジション手仕舞いの結末

昨日の東京為替市場でNZドル/円は、高値警戒感からやや軟調気味な展開が続いた。更にニューヨーク為替市場ではトリシェECB総裁の「円はファンダメンタルズを反映すべき」との発言によって12日安値となる86円35銭まで下値を広げた。しかし、その後は絶対的金利差や、連動性の高い豪ドル/円の上昇を好材料とし、2005年12月高値となる87円07銭を目指す展開となり、本日は予想を大きく上回る(二)2月小売売上高指数(予想+0.5% 結果+1.9%)が発表されると87円07銭を突破し、一時は87円54銭にまで上値を広げた。

NZドル/円日足チャートを見ると、買われ過ぎ過熱感を示すRSIの水準は72に上昇、ストキャスティクスでは85でデットクロスを形成後、弱気な推移を継続、またボリンジャーバンドでも移動平均+2aに触れる状況にまで来ている。NZドル/円は87円07銭を突破した事で、一層買われ過ぎ過熱感は高まり、本日は87円54銭を付けた後、値を押し戻される展開となり、一時は87円台を割り込む場面も見られた。

本日はG-7が予定されており、円安・キャリートレードに関する議論は行われないとの見方が強いが、やはりG-7というビックイベントに目をつぶる事はできず、現在為替市場ではG-7を目前に控えての円売りポジション手仕舞いの動きが広がっている。恐らくこの流れは本日いっぱい継続すると考えられ、ドル/円・クロス円の上値は今週、むしろ今月一番と言っていいほど重いものになるだろう。その為、NZドル/円も下値を広げる可能性がある。

だがG-7の中で市場予想どおり円安に関わる議論が行われなかった場合は、今回の円売りポジション手仕舞いによる下落幅は、そのまま上昇幅として返ってくる可能性が高い為、来週初めに相場が大きく円安方向へ傾く可能性も否めない。
スポンサーサイト

<< クロス円の調整の幕開け | ホーム | ポンド/円 買い要因、売り要因共に均衡 >>

コメント

相互リンク依頼

こんにちは。
「年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用-」
というサイトの管理人「のりたか」と申します。

貴サイトと相互リンクをしていただきたくお願いにあがりました。

貴サイトのリンク先です。ご確認ください。
http://f13.assetsplan.net/fx13/link9-9.html

当サイト情報です。リンクしていただけるさいには、ご利用下さい。

■サイト名  年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用-
  ※長い場合、「 年利20%の資産運用 」だけでもOKです。
■URL  http://f13.assetsplan.net/fx13/
■紹介文  年利20%になるように資産運用しています。

お手数ですがリンクしていただけましたら、返信にて、
リンク先を明記の上ご一報ください。

ご検討よろしくお願いいたします。

連絡先
nori☆assetsplan.net
☆を@に変えてご連絡ください。ご面倒ですが迷惑メール対策です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。