プロフィール

又吉正之

Author:又吉正之
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/15 (Tue) 17:55
ポンド/ドル 1.9840ドルが機能する限りは下落バイアス強し

ポンド/ドルは昨日、上下動の分岐点とも言える1.9840ドルを試すものの、1.9843ドルでは頭打ちとなり、その後じわじわと下値を広げ、一時は1.98ドルを割り込む場面も見られた。本日の為替市場は21:30から予定されている(米)4月消費者物価指数(コア・前月比)を前に手控えムードが広がり、ポンド/ドルも1.9784ドル~1.9826ドルで小幅変動を続けている。

ポンド/ドルは11日以降、下値を1.9768ドル(3月5日を基点とした上昇幅38.2%戻し)、上値を1.9840ドル(上下動の分岐点)に抑えられている為、一見方向性を見出す事が困難にも見える。しかし、先日の「クロス円・主要通貨ペアの注目ライン」でお伝えした主要通貨ペアの重要ラインは、ユーロ/ドル・ポンド/ドル・豪ドル/ドル・NZドル/ドル、どの通貨ペアを見ても現在有効に機能しており、各通貨ペア共に同ラインでは上値を抑えられている。

ポンド/ドル日足チャートを見ると、一目均衡表・遅行線が4月13日のローソク足を割り込み、現在はローソク足の下部で推移している。また、ディレクショナル・ムーブメントでも-DIが+DIを上抜いた後、ADXとのクロスを交えながら水準を上げている為、テクニカル面から下落バイアスの強さが窺える。今後ポンド/ドルのシナリオとしては、現在下値を支えている1.9768ドルを割り込み、100日移動平均線、3月5日を基点とした上昇幅半値戻しが接近する1.9656ドルを目指す展開が予想される。
スポンサーサイト

<< NZドル/円 89円突破と88円割れの行方/ポンド/円 今後のポイント | ホーム | ポンド/ドル 予想通りのポンド売りで下値を目指す >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-

管理人の承認後に表示されます


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。